看護職員になるには

看護職員になるためには、指定の学校や養成所で学ぶ必要があり、学習年数やカリキュラムは学校や養成所によって異なります。まずは自分がどんな看護職員になりたいかをしっかり考え、夢を叶えるのに最適な学校を探しましょう。

いずれの資格も学校・養成所を卒業して、国家試験(准看護師の場合は都道府県知事試験)に合格した後に、本人の申請により各資格に登録され、免許が与えられます。なお、保健師及び助産師の免許申請には、看護師国家試験の合格が前提条件となります。

看護大学と看護短期大学と看護師養成所の特徴

  • 看護大学

    幅広い分野の勉強ができ、看護師だけでなく保健師や助産師の受験資格も取得できるため、将来の選択肢が広がります。

    point

    キャンパスライフを通して様々な経験ができる。

    医学や看護の基礎分野が充実。

    大学によっては、養護教諭1種免許を取得することができる。

    大学院に進学できる。

  • 看護短期大学

    多くが大学医学部や大学病院に付属していることが特徴。短期間で専門分野の知識や社会人として必要な教養・マナーを習得できます。

    point

    短期間でも幅広い分野を学ぶことができる。

    大学によっては、養護教諭2種免許を取得することができる。

    大学に編入できる。

    早く現場に出られる。

  • 看護師養成所(専門学校等)

    看護師の資格取得に必要な知識や技術を、最短で習得できます。病院等で働きながら学べる場合もあります。

    point

    学費が抑えられる。
    (学校によって差があります)

    看護実習の比重が高く、充実している。

    早く現場に出られる。

    働きながら学べる。

看護師になるための進路コース
看護師になるための進路コース

高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または監督庁の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者とする。

卒業すると、看護師・助産師・保健師国家試験の受験資格が与えられる。

●高等学校5年一貫(看護師課程)

5年間の一貫したカリキュラムで看護師を目指します。

備後圏域の学校・養成所はコチラ
准看護師になるための進路コース
准看護師になるための進路コース

入学資格

(1)高等学校を卒業している准看護師

(2)通信制の課程においては、7年以上 の業務経験を有する准看護師

(※平成30年3月までは10年以上)

入学資格

(1)3年以上の業務経験を有する准看護師

(2)高等学校を卒業している准看護師

(3)通信制の課程においては、7年以上※の業務経験を有する准看護師

(※平成30年3月までは10年以上)

備後圏域の学校・養成所はコチラ
助産師になるための進路コース
助産師になるための進路コース

高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または監督庁の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者とする。

卒業すると、看護師・助産師国家試験の受験資格が与えられる。

入学資格
看護大学助産学専攻科の場合は大学卒業、または同等以上の者であることが条件となる。

備後圏域の学校・養成所はコチラ
保健師になるための進路コース
保健師になるための進路コース

高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または監督庁の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者とする。

卒業すると、看護師・保健師国家試験の受験資格が与えられる。

備後圏域の学校はコチラ