企業紹介

技術力で無から有を創り出し、独自のサービスと価値を追求

有限会社アドバンス

「工程設計」「精密機械加工」のスペシャリスト

創業以来、自動車、産業用機械、航空機、その他一般部品など複数の分野における鋳造品の加工、削り出し加工等、多種の精密機械加工に対応してきた有限会社アドバンス。

主な事業は、大きく「工程設計」と「精密機械加工」の2つに分けられる。
「工程設計」では、図面から製品の完成イメージを膨らませ、機械選定や制御プログラムを作成。効率的な作業工程を設計する。
「精密機械加工」では、工程設計で出来上がったプログラムを基に、NC工作機で実際の加工を実施。その後、仕上がった試作品をチェック・調整し、合格点に達していたら量産ラインへとシフトして生産を行う。
そのほか、「部品の組付け」や「精密検査」も手掛けている。

ISO9001の認証を取得し、工場の環境は「整理、整頓、清掃」を厳守。
無事故・無災害5000日も達成している。

従業員の平均年齢は40代前半と業界では若いほうだ。
ベテランも新人も皆フレンドリー。
周辺エリアで定年を迎えUターンした人の再就職を受け入れ、培ってきた技術も活用している。
加えて、外国人技能実習生を受け入れて15年になる。
現在はフィリピン女性9名が働いていて、実技試験には100%が合格している。
まさに人・設備・技術の総合力で勝負する企業だ。

デジタル化に備えた先進設備の導入により、業界から高く評価

1964年に鋳造品の研磨業を営む「豊松工業所」として設立。
1967年、現在行っている事業の精密機械加工に初めて着手した。
1989年には加工工程のデジタル化に備えてNC工作機を、1992年には立体的な加工での実現によって精度を高める三次元測定器をそれぞれ導入し、着々と事業を拡大。

1994年に社名を「アドバンス」と改め、リーマンショック翌年の2007年には業務改善のためのマネジメント改革を開始。
仕事の仕方を改善することでプレゼンテーション能力がアップすることから体制が強化した。
現在は、自動車・航空機・産業機械の各分野で、加工精度の高さと大量の生産・供給能力が高く評価されている。

どんな金属でも加工できるのが強み

  • 金属と機械を知り尽くした技術者が、
    蓄積されたノウハウを最大限に活用
  • 精密機械加工を得意とし、
    お客様に満足頂ける
    品質・コスト・納期の管理を徹底
  • ミクロン単位の精度を実現。
    お客様から要求される品質レベルに応え続ける

有限会社アドバンス
〒720-1702  広島県神石郡神石高原町上豊松111-3
TEL 0847-84-2219 / FAX 0847-84-2053
www.advance-ak.com/

[ Data ]

創業
1964年
資本金
1,600万円
従業員数
31名
主要商品・施設・サービス
工程設計、精密機械加工、部品の組付け、機密検査

他の企業も見る

< 働くへ戻る