企業紹介

世羅めぐりをするなら、まずは最新情報がそろう「道の駅世羅」へ!

一般社団法人 世羅町観光協会

地元産品の直売と、観光情報の発信&多彩なイベントも開催

米や野菜、果物や切り花など、世羅町産の新鮮な農作物や加工品の直売をはじめ、インフォメーションセンターとしての役割も担う「道の駅世羅」。同施設を運営・管理しているのが一般社団法人 世羅町観光協会だ。

観光協会が道の駅を運営するのは全国的にも珍しいという。同観光協会の会員数は210人以上。道の駅世羅のオリジナル商品である世羅ブレントコーヒーと世羅町のジェラート店がコラボした世羅ブレンドコーヒージェラートや、農家とコラボしたコーヒー味のポン菓子など、会員とのコラボ商品が生まれることもあるそう。
レストランでは、世羅みのり牛丼、世羅梨ソフトクリーム、世羅高原豚を使った世羅バーガー、シシ肉を使ったソーセージなどご当地グルメを提供している。

また、WEBでの情報発信に力を入れ、イベントを開催。世羅町内を巡ってもらうための周遊チケットの販売や年間70以上のイベントを開催するなど、県内外からの集客を図っている。

「道の駅世羅」に町の情報発信基地としての機能を搭載

2004年に任意団体の世羅町観光協会が誕生。当時は、世羅町商工会の職員が兼務していたが、2006年のせらワイナリーのオープンなどで世羅町の観光事業が盛り上がり、2009年7月に観光協会専属の職員が採用された。

2014年に世羅町観光協会が法人化。2015年5月の「道の駅世羅」オープンにあたっては、行政のみならず、観光協会や町内各種団体が方向性などについて協議。協議をふまえ、町の観光振興を中心的に担う世羅町観光協会が「道の駅世羅」の運営を行うこととなった。

その後、町のインフォメーションセンターとしての機能を持たせるためにスタッフを増員。30代の若いスタッフが多く、SNSなどで積極的に情報発信を行い、町の活性化に貢献している。

世羅町を元気にする、さまざまな取り組みを実践

  • 「道の駅世羅」の運営を通じて、
    観光事業者や各種団体等と協力して
    世羅町に活気を。
  • 平均年齢が30代と若く活気のある職場。
    イベントなど新たな取り組みにも積極的。
  • Facebook・Instagram・Twitterなどを使って、
    スタッフ自ら情報発信。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

画像の上でマウスを動かすと360°ご覧頂けます。

一般社団法人 世羅町観光協会
〒729-3302 広島県世羅郡世羅町川尻2402-1
TEL 0847-22-4400 / FAX 0847-22-0315
http://seranan.jp/

[ Data ]

創業
2014年8月
資本金
従業員数
11名
主要商品・施設・サービス
世羅町の観光振興事業全般、道の駅世羅の管理運営など

他の企業も見る

< 働くへ戻る