企業紹介

本場ヨーロッパで高く評価されている、洗練された高級家具

株式会社 松創

高級家具のトップブランドとして、府中の伝統技を世界へ

歴史ある府中家具の伝統を受け継ぎながら、生活様式の変化に対応した高級家具ブランドの地位を築いてきた松創。

その始まりは、丸太を家具の材料へと製材・乾燥する3万㎡に及ぶ広大なヤマ(製材乾燥場)から。これほどの大規模な製材設備を有する家具メーカーは日本でも珍しい。上質な製材を生かすのは職人たちの技能。伝統と信念に裏打ちされた匠の技が、本場ヨーロッパの家具をも凌駕する「松創」ならではの立体的で美しいフォルムを生み出している。そして、手づくりへの飽くなき探求心でフルオーダーを可能にしている。

「松創」の代名詞ともいえる鏡面磨きや、日本伝統の漆工芸を取り入れるなど、高級感あふれる塗装も高く評価されている。今後は5年間継続して開催してきたドイツでの展示会を基盤に、ヨーロッパや北欧への販路拡大にも力を入れていく予定だ。

婚礼家具から、時代が求める高級家具へシフトチェンジ。

松創の歴史は、安政2年(1855)に松岡新兵衛が家具の製作に携わったことから始まった。

1961年には株式会社松岡木工を創業し、高級美術工芸家具の製作を開始。そこから販売部門が独立して、株式会社松創を創立した。1984年、製作部門を法人組織に改組し、松岡木工株式会社を設立。その後の販売部門と製作部門の合併によって生まれたのが、新生「株式会社 松創」だ。

1993年、府中市広谷町城山の資材置き場内に第二工場を新設。その2ヵ月後にはコントラクト部門として、本社工場を新設した。伝統的な職人技術を守りつつ、時代の流れに合わせて機械化に取り組みながら、事業を展開。婚礼家具からいち早く脱皮し、高級家具タンスの製造に移行。

スタイリッシュで格調の高いテーブルやイスなどを新たに商品化するとともに、クルーザーの内装など異業種分野へも参入。将来を見据えた取り組みの幅を拡げながら、業績アップの道を着実に歩んでいる。

職人の卓越した技と高度な手法から生まれる高級家具

  • 自社で世界有数の銘木を原木から仕入れ、
    製材・乾燥管理・出荷を行う一貫生産体制を確立
  • 機械化による大量生産では難しい、
    熟練職人の手で精魂込めてつくる
    高級感あふれる家具
  • 鏡面仕上げ加工や漆塗装、色漆の創出など、
    高級家具塗装の高度な技術を得意としている
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

画像の上でマウスを動かすと360°ご覧頂けます。

株式会社 松創
〒726-0011 広島県府中市広谷町953
TEL 0847-45-3621 / FAX 0847-45-3046
www.matsuso.com

[ Data ]

創業
1855年
資本金
3000万円
従業員数
47名
主要商品・施設・サービス
主要商品は高級家具、船舶内装など。
本社工場と資材を管理する第二工場を有し、
本社工場2階には見学可能なショールームを開設している。

他の企業も見る

< 働くへ戻る