企業紹介

夢を育む遊具から夢の空間づくりまで、オンリーワンの夢と感動を届ける総合メーカー

タカオ株式会社

若い社員の新鮮な発想力とチャレンジ精神が発展の大きな力に

タカオ株式会社は、北海道から沖縄まで、全国の屋外遊具や公園施設、都市空間や施設のプロデュースを手掛けるトータルメーカーだ。展開している事業は4つ。国営公園から街区公園まであらゆる公園にオリジナルデザインの遊具を提供するプレイランド事業。ベンチやシェルター、モニュメントから防災製品まで暮らしに役立つ製品を提供する景観事業。テーマパーク、動物園、アウトレットモールなどのレジャースポットに集客・遊び・憩いをテーマにした製品を提供する集客事業。全国の「健康なまちづくり」をサポートする機能性に富んだ製品を提供している健康事業に分かれている。
クライアントの9割が国や地方自治体だが、現在は、フジテレビ主催「お台場合衆国2011」での漫画ワンピースの船「サウザンド・サニー号」の製作など民間への進出にも力を入れている。同社の成長を支えているのは、若い社員たちの発想力と常に新しい分野に挑むチャレンジ精神。日本公園施設業協会の点検基準を満たした品質の安全性と、都市公園等のコンクールでの国土交通大臣賞など幾度も賞を受賞した優れたオリジナルデザイン力を武器に、新製品づくり・空間づくりを目指す。

都市公園等のコンクールで賞を受賞。海外のトップメーカーとの業務提携も

1955年10月、高尾京一が福山市若松町に個人経営の高尾体器製作所を創業。1966年に有限会社タカオ体器を設立した。1970年、現本社所在地に新工場を建設し、全面移転。1980年には業界最大規模の高温焼付塗装乾燥炉を設置。1987年、現社名タカオ株式会社と改称した。
これまでに、都市公園等のコンクールで国土交通大臣賞などを5度受賞するなど、実績は折り紙つき。海外との取り組みでは、水上遊具トップメーカーのドイツ・アビバ社、世界三大遊具メーカーのアメリカ・プレイワールド社、室内遊具トップメーカーのアメリカ・プレイタイム社と業務提携し、日本での独占販売を開始。地元では、2013年に室内遊戯施設「ギザギザ葉っぱ」直営店をオープンした。

日本全国にオリジナルデザインの遊具を提供する"力"

  • タカオ株式会社が手掛ける製品のほとんどが、
    クライアントから高く評価される
    オリジナルデザイン
  • 営業から企画、設計、製作、施工、
    メンテナンスまで一貫して自社で行う
  • 若い社員のアイデアや
    自由な発想を生かした仕事の成果が、
    目に見える形となって残る

タカオ株式会社
〒720-0004 広島県福山市御幸町中津原1787-1
TEL 084-955-1275 / FAX 084-955-2481
http://www.takao-world.co.jp/

[ Data ]

創業
1955年10月
資本金
8000万円
従業員数
160名
主要商品・施設・サービス
屋外遊具、公園施設、都市空間
施設の企画・デザイン・設計・製作、施工・販売・保守

他の企業も見る

< 働くへ戻る