仕事and休日の楽しみ方

地元で見つけた天職と新しい自分

生まれ育った三原市が大好きで、迷うことなくUターン就職の道を選んだ宮川さん。
内向的だった男の心に火をつけたのは、八天堂・森光社長の仕事への熱い思いと生き方。「今はこの仕事が天職だと思っています!」と宮川さんは明言する。

株式会社八天堂

八天堂ヴィレッジ支配人

宮川 正さん (29歳)

神奈川大学法学部を卒業した後、2010年に八天堂に入社。初年度の4月から工場長として活躍する。2013年の工場移転に伴い現職に着任。マネージメントの楽しさを実感する日々。

部下が育つことが自分の喜びに

宮川正さんが「八天堂」と出合ったのは、三原市で行われた合同企業説明会。「社長の森光に会って衝撃を受けたんです。自分とは対照的で、目が輝いていて、生き方がかっこよくて。この人となら新しい一歩を踏み出せると確信しました」。森光社長との出会いにより「絶対にこの会社で働きたい!」とスイッチが入り、八天堂以外の会社は受けなかった。

念願の八天堂に入社すると、いきなり工場長に抜擢される。最初はよくわからないまま仕事をしていたそうだが、時間が経つにつれ重責を感じるように。そんな中、勇気づけられたのが森光社長からの「思いきってやれ。何かあったら責任を取ってやる」という心強い言葉だった。

社長をはじめ、仲間たちが全面的に支えてくれたため、覚悟を決めて挑戦することができたという宮川さん。現在は、くりーむパンの品質管理や工場の衛生管理、人材育成などマネージメント全般を任されている。「初年度は自分がいかに目立つかばかり考えていましたが(笑)、今は部下が育つことが1番の喜びです」とうれしそうに話す。これからも部下と共に成長を続ける。

  • 受注状況を製造部に連絡。売れ筋商品や市場の動向など、営業先から持ち帰った情報は常に社内で共有する

休日の楽しみ方

本を読んで心を豊かに

活字嫌いだった宮川さんを本好きにさせたのは、必然的に出合った『人を生かす』(著・稲盛和夫)。

三景園

「カフェリエ」のすぐ近くにある回遊式庭園。広大な敷地では、桜や菖蒲、アジサイなど季節毎の花が楽しめる。

好きな風景を見ていると前向きになれるんです

三原に帰って来て感じたのは、生まれ育った場所だからなのか、心が落ち着くなぁと。一人でじっくり考えたい時には、自然が感じられる場所に行きます。

浄化センターの裏から眺める瀬戸内海、白滝山の八畳岩、須波の海岸…好きな風景をじっと見ていると、心が洗われ、前向きになれるから不思議ですね。

空港・新幹線停車駅・港の3つがそろっていて交通アクセスが良いのも魅力です。2017年には三原城築城450年を迎えますし、みんなで盛り上げていきたいです。

宮川さんの1日

[ 仕事 ]

  • 6:30
    起床
  • 6:45
    朝食、支度
  • 8:00
    出勤、工場やカフェの様子を確認
  • 10:00
    商談
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    工場やカフェの様子を確認
  • 17:00
    退社
  • 19:00
    夕食
  • 20:00
    アイロンがけ、洗濯物を干す
  • 21:00
    読書、スタッフへメール
    本の中で見つけた心を打つ言葉は、すぐに部下にメール
  • 23:30
    入浴
  • 24:30
    就寝

[ 休日 ]

  • 8:00
    起床
  • 8:30
    朝食、支度、洗濯物を干す
  • 9:00
    新聞を読む、読書
  • 12:00
    妻と「カフェリエ」でランチ
    共働きなので、二人でゆっくり過ごせるのは休日ぐらい
  • 13:30
    三景園のもみじまつりへ
  • 15:00
    紅葉を見に佛通寺へ
  • 19:00
    会社の勉強会
  • 21:00
    帰宅
  • 21:30
    夕食
  • 22:00
    勉強、アイロンがけ
    アイロンがけはyoutubeを聞きながら作業に没頭!
  • 24:30
    就寝

他の人も見る

< 働くへ戻る