びんごライフ|備後圏域出身の学生に向けたU・Iターンサイト

Twitter FaceBook Instagram
《掲載年度 2020》
有限会社 希望園|  
芦川 芽生さん ( 25歳 )
東京の農業高校を卒業後、岡山県真庭市蒜山の中国四国酪農大学校に進学。卒業後は県北の牧場に務めたのち、希望園に転職した。
牛が好きで東京を出て 友人の勤務先に就職
出身は東京だが、ジャージー牛が好きすぎて、当時、日本一ジャージー牛を飼育していた蒜山の酪農学校に進学した芦川さん。
希望園に就職したのは、現在も希望園に勤める友人の勧めから。
「大好きな牛に囲まれて、仲間と一緒に安定して働ける環境が気に入っています」と話してくれた。
7秒で通過する牛たちの体調不良を見逃さない
希望園では搾乳を北欧製のロータリーパーラーで行う。
回転台の上に72頭の牛を載せ、自動で搾乳をする機械だ。
「牛の乳に取り付けた搾乳機は、コンピューター制御によって一定の乳量に達すると外れるようになっています。搾乳は自動ですが、人の仕事がないわけではありません」と芦川さん。
牛たちが目の前を通り過ぎる約7秒の間に、牛の首につけたチップから読み込まれた情報をモニターでチェック。
もしチップが外れていたら、牛の顔を見てどの個体かを判断する。
「当園には2,600頭ほどの牛がいますが、牛の顔を判別することもできます」というからプロだ。
そして、体調が悪そうな牛がいたら、必ず獣医に報告して調べてもらう。
「乳牛は乳房炎という病気にかかりやすいのです。
そうした病気がないか、牛の顔や体を見て確認します。
乳量が減っているなどの異常はコンピューターも察知してくれますが、牛の表情の違いは人にしか分かりません」と誇らしそうに話してくれた。
休みの日も乳牛のコンテストである共進会を県外まで見に行くほどの牛好き。
「両手で抱きかかえても足りないくらい大きくて温かい牛が大好き」と語る。
そんな芦川さんの「牛友」のひとりが、前社長の山本真五さんだ。
年齢は違えど、2人で国内外の名牛について話し込んでは盛り上がっている。
「前社長の牛好きは本物」と芦川さん。
尊敬できる「牛友」に囲まれて、牛への愛と経験を存分に発揮しながら、自分らしく働ける職場だ。
社長以下、年上の社員たちにも技術や牛愛を認められ、信頼されている芦川さん。仕事さえ責任を持ってできれば、髪型やネイルは問われないのも魅力。
休日はネイルサロンへ
月に一回ネイルサロンへ通っています。時々折れちゃいます……。
休日の楽しみ方
自宅では愛猫と
休みの日は家で猫とまったり過ごします。
人、自然、仕事。びんごには必要なものが揃っています
東京から来ましたが、足りないものがあるとは感じません。
買い物もおしゃれも近所で十分に楽しめますし、車があれば行きたいところにすぐ行ける、コンパクトさやシンプルさも気に入っています。
仕事でも日本のどこにも負けない最先端の酪農に関わることができていますし、職場やプライベートで出会う人にも恵まれています。
私にとって、ずっと住み続けたいと思える場所ですね。
芦川さんの1日
仕事
7:00
起床
8:30
出社
9:00
搾乳
12:00
昼休憩
15:30
搾乳
17:30
退社
18:00
帰宅
19:00
食事
20:00
テニススクール
24:00
就寝
休日
9:00
起床、洗濯、動画鑑賞
12:00
昼食
15:30
福山に買い物へ
17:00
美容院やネイルサロン
19:00
のんびり夕食
20:00
ゲーム
24:00
就寝
芦川さんの働く会社紹介
笠岡市
有限会社 希望園
酪農、農業(飼料用トウモロコシ栽培)
岡山県笠岡市カブト東町132
T0865-66-4403
F0865-66-5034
企業サイトへ