びんごライフ|備後圏域出身の学生に向けたU・Iターンサイト

Twitter FaceBook Instagram
《掲載年度 2019》
株式会社オーザック|生産管理部
藤田 友里恵さん ( 28歳 )
福山市出身。進学を機に広島市内へ転居。広島会計学院電子専門学校を卒業後、オーザックにUターン入社。
営業・営業支援業務を経て、現在は生産管理業務に携わる。
結婚を機に 社内初のテレワーク勤務に
福山市の本社からは離れた広島市内の自宅で、完全在宅勤務を行なっている藤田さん。
結婚を機に、2年前からテレワークで仕事を続けている。
「主人の仕事で広島市内に引っ越さなければいけなかったので、退職するしかないかなと思っていました。
でも、社長から在宅勤務ではどうかな?と提案されてとても驚きました」と当時の心境を話してくれた。
テレワークは 自分にぴったりの働き方
8時の始業時間にパソコンを立ち上げて、本社事務所のスタッフに「おはよう」と声をかけてから藤田さんの仕事はスタート。
片側のモニターに本社の様子を映し出しながら、もう1台のモニターで作業を行う。
営業が受注してきた製品の加工指示書を作成し、製造から出荷・納品まで一連の工程の進捗管理が藤田さんの業務。
日々の経過は毎朝のミーティングで確認しながら、課題や問題もここで解決する。
業務中に何かあった時は、モニターに映し出されている事務所内のスタッフに声をかけたり、緊急の場合は工場スタッフに電話をかけたりして対応している。
本社に出勤するのは、社内研修などがある場合には月に2回、通常は2~3ヶ月に1回のペースだ。

テレワーク勤務になる前に6年間の本社勤務があるので、仕事の進め方や他の社員とのコミュニケーションなどに支障を感じることはほとんどないそう。
一人の空間で、集中して業務に取り組めるのもテレワーク勤務の良さのひとつ。
実際に加工指示書づくりなどの作業も多くできるようになった。

自宅の一角に仕事スペースがあるので、オン・オフの切り替えが難しくないかと聞いてみると、「あまり意識することは無く、
自宅にこもりたい性格なので苦にならない」とのこと。
「いまの仕事スタイルは自分にとって申し分のない環境なので、これからも経験を積んで、会社にもっと貢献していきたい」と力強く語ってくれた。

ヘッドセットをつけて本社のスタッフとコミュニケーションをとる
少し遠くへのおでかけ
友人たちと帝釈峡へ紅葉狩り
休日の楽しみ方
オシャレなカフェめぐり
レトロで可愛い店内に気分も上がる!尾道のあくびカフェ
ゆったりと流れる時間の中で 暮らせる幸せ
分刻みで動いている都会のような慌ただしさはなく、瀬戸内の穏やかな気候に育まれた、ゆったりとした時間の流れが備後にはあります。
都会のように、歩くだけで人込みに疲れるということもありません。
自分自身とちゃんと向き合いながら、地に足のついた生活ができるのもびんご暮らしの魅力。
地元の人と交流したり、自分を育ててくれた地元に貢献できたりすることは、生きがいにも仕事のやりがいにもつながります。
就職や転職を考える際には、備後も選択肢のひとつに入れてもらえたらと思います。
藤田さんの1日
仕事
8:00  
PCを立ち上げて仕事スタート     
加工指示書の作成
9:00  
ミーティング
9:30  
加工指示書の作成
12:00 
お昼休憩 
12:50 
午後の業務開始     
加工指示書を作成
17:10 
PCを落として業務終了
17:30
掃除・夕飯準備
19:00
夕食
20:30
お風呂
21:00
リラックスタイム(映画や読書)
23:00
就寝
休日
9:00 
起床
朝食の後、お出かけ準備
10:30
ショピング  
ランチをして本屋さんめぐり     
カフェでお茶     
雑貨店などもめぐる
18:00
旦那さんと外食へ
19:00
近くの鉄板屋などで食事
20:30 
帰宅     
読書や映画を楽しむ
24:00 
就寝
藤田さんの働く会社紹介
福山市
株式会社オーザック
ワイヤーロープ用ロープ端末金具、調整及び連結金具、産業機械用吊り具等の設計及び製造販売
広島県福山市鞆町後地26-229
T084-982-3258
F084-982-1110
企業サイトへ