びんごライフ|備後圏域出身の学生に向けたU・Iターンサイト

Twitter FaceBook Instagram
《掲載年度 2019》
しまなみ信用金庫|尾道支店  渉外
水井 俊太さん ( 25歳 )
福山市出身。神戸学院大学法学部卒業後、しまなみ信用金庫に入庫。現在は尾道支店で渉外業務を行う。担当エリアの個人・法人顧客へニーズに応じた金融サービスを提案&営業。
初めて口座をつくったしまなみ信用金庫
進学で地元を離れて、改めて備後地域の良さに気付いたと話す水井さん。
都会の喧騒になかなか馴染めず、福山に帰りたいという気持ちが徐々に高まっていった。
金融機関を志望し、地元密着型の経営に惹かれてしまなみ信用金庫に入庫。
高校時代、アルバイト先の給与振込で初めて口座をつくった金融機関という縁もあった。
地域密着型の金融機関ならではのやりがい
預金や融資の提案をしたり、企業の経営相談にのったりと、あらゆる金融サービスに対応するのが渉外業務。
外回りが多いので、時間を無駄にしないための準備は万全に行うことが水井さんの信条だ。
毎朝の行動予定のチェックはもちろんのこと、提案資料の準備などは前日から行う。
いつでも顧客からの要望に応えられるようしておくことが、渉外担当として求められる数字にもつながっていると話す。

尾道支店のエリアを4人の渉外スタッフで担当。
情報共有を密にして、チームで互いに助け合いながら支店エリアをカバーしている。
売上を上げたいという顧客からの要望を、他の渉外担当の顧客とビジネスマッチングさせて、成果をあげたことも。
非営利の金融機関だからこそできるコトがたくさんあるのもしまなみ信金の魅力だ。
用件がある時だけでなく、定期的に顧客を訪問し、その動向や悩みに寄り添う。
しかし、経営に関する悩みは多種多様。
顧客が求めることに応えられず、知識不足・経験不足を痛感することももちろんある。
少しでも顧客の役に立てるよう、業界ごとのリサーチなどを行い、常に情報収集は欠かさない。

「恥をかくことも多いとは思いますが、20代のうちは貪欲にいろいろな経験をしたいです。そして知識も経験も豊富、顧客とのコミュニケーションも上手い、頼れる先輩に自分もなりたい」と真摯に語ってくれた。
安全運転で渉外活動へ。
帰社してからは集中してのデスクワーク。
趣味で続ける社会人野球
定期的に練習を重ねて、大会などにも参加しています。
休日の楽しみ方
練習試合での1シーン
会社の野球部にも所属しています!
思い切って飛び込んでみることも大事
就職活動において、自分がどのような仕事に向いているのか、どの会社がいいのか悩むことは多いと思います。
どこの会社に入っても「良いところ」「悪いところ」はあるものです。
自分が組織の中に入って、何を得てどれだけ成長できるのかが大切なこと。
備後は温暖な気候でとても生活しやすいところなので、U・Iターンにはオススメです。
もちろん充実したプライベートな時間も過ごせます。
備後はプロ・アマ問わず野球が盛んで、スポーツを楽しめる場所がたくさんありますよ。
水井さんの1日
仕事
8:00  
出社     
店舗の清掃
8:30  
朝礼     
ミーティング     
今日のスケジュール確認と訪問準備
9:00  
渉外活動をスタート
アポ先を訪問
12:00 
支店に戻り、午前中の案件の事務処理を行う 
12:30 
お昼休憩
13:30 
午後の渉外活動スタート
アポ先を訪問
16:30 
支店に戻り、午後の案件の事務処理を行う    
翌日の訪問計画と準備
18:30 
退社
19:30
夕食   
友人や同僚とご飯、ジムでトレーニング、テレビを見るなど自由時間
24:00
就寝
休日
10:00 
起床
11:00
ジムでトレーニング
13:00 
昼食
14:00 
友人とショッピング
17:00 
野球チームで練習
21:00 
チームメンバーと食事
23:00
解散
水井さんの働く会社紹介
三原市
しまなみ信用金庫
中小企業・個人専門の協同組織型金融機関
広島県三原市港町1-8-1
T0848-62-7111
F0848-67-5931
企業サイトへ