仕事and休日の楽しみ方

風通しの良い会社で、何でも前向きに挑戦!

オンリーワンのワークウェアづくりに邁進する旭蝶繊維の営業部に所属し、
1~2ヵ月に一回は東京へ出張している小野さん。
人が多く、せわしない都会から戻るたびに、穏やかな雰囲気の備後圏域の良さを再認識している。

旭蝶繊維株式会社

営業部

小野 修平さん (29歳)

福山市出身。福山平成大学福祉健康学部を卒業後、2012年に旭蝶繊維に入社。ワークウェアの営業マンとして、担当する関東エリアを駆け回る日々。
趣味は野球で、社会人野球チーム「サムライZ」に所属

喜びを感じるのは、旭蝶の品質を認めてもらった時

実家のある福山市から通勤できる備後圏域で就職先を探していた小野修平さん。
旭蝶繊維との出合いは、合同企業説明会。
最初は会社のイメージがわかなかったが、「気軽に来てみて」と声をかけられ本社と本社工場を訪問すると、
アットホームな雰囲気と活気あふれる職場で、すぐに「この会社で働きたい!」と思ったそうだ。

現在は、営業部に所属し、関東エリアの約80社を担当。
1~2ヵ月に1回は東京へ出張し、2週間ほど滞在して取引先を回っている。
「新商品が出ると商品見本を持って、お客様の所へ伺います。
同業他社の類似した製品が流通する中、『旭蝶の製品は品質がいいから』と選んでもらった時は本当にうれしいですね」。

営業会議、企画会議などさまざまな会議が行われるが、若手が意見を言いやすい風通しの良さも魅力の一つ。
実際、小野さんが企画会議で発言した「こんな色の作業着があったらいい」
「ポケットの形をもっとこうして欲しい」などの意見は採用され、商品開発に取り入れられた。

旭蝶繊維では、営業をしていると製品に関して専門的な知識が必要となるため、小野さんは4年かけて、繊維製品品質管理士の資格を取得。
「次は何に挑戦しようかと、今、新たな目標を考えている所です」と目を輝かせる。

  • 営業メンバーとの情報交換やコミュニケーションも大切な仕事。先輩や社長と距離が近いのも魅力。

休日の楽しみ方

出張先で仲間とリフレッシュ!

出張先で、営業メンバーと飲みに行ったり、
一緒に遊ぶことも。
みんなでトリックアート展へ行った時の一枚。

週末は趣味の野球に全力投球!

社会人野球チーム「サムライZ」に所属し、
ほぼ毎週末、試合を行う。
場所は、府中市の「桜が丘グラウンド」。

隣町の福山市から通勤、週末は府中市で野球三昧!

妻と暮らす福山市から、会社のある府中市まで毎日、車で通勤しています。隣町なので、そこまで遠くないんですよ。出張で東京に滞在している時は、電車移動をしますが、あの通勤ラッシュを体験すると、「備後はやっぱりいいなぁ」と改めて感じます。
趣味の野球を思いっきりできるのもうれしいですね。ほぼ毎週試合をしていて、多い時は月に10回することも。チームメイトは20~30代の同年代が多いので、試合後にご飯に行ったり、年末には忘年会で盛り上がります!

小野さんの1日

[ 仕事 ]

  • 6:00
    起床
  • 6:30
    朝食、支度
  • 7:05
    自宅を出発
  • 7:45
    出社、清掃
  • 8:30
    朝礼
  • 8:40
    営業会議
  • 9:30
    倉庫で製品の整理・補充・出荷
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    デスクで見積書の作成など
  • 16:00
    出張準備、アポ取りなど
  • 17:15
    退社
  • 19:00
    夕食
  • 20:00
    テレビ、入浴など
  • 22:00
    就寝

[ 休日 ]

  • 7:00
    起床
  • 7:30
    朝食、支度
  • 8:00
    自宅を出発
  • 9:00
    グラウンドに到着、野球の試合準備
  • 10:00
    試合
  • 12:00
    チームメイトと昼食
  • 14:00
    自宅に帰り、昼寝
  • 16:00
    スーパーに買い物
  • 17:00
    夕食の支度。奥さんは仕事なので料理を担当(冬は鍋が多い)
  • 19:00
    夕食
  • 20:00
    テレビ、入浴など
  • 22:00
    就寝

他の人も見る

< 働くへ戻る