仕事and休日の楽しみ方

産業用ヘリコプターに懸ける夢と情熱

ものづくりのまちとして知られる府中市には、独自の技術を誇るオンリーワン企業が多数ある。
広島市出身の片山さんが選んだのは、産業用ヘリコプターの開発で注目を浴びる会社だった。
家族との時間を大切にしながらも、片山さんは自分の夢に向かって走り続ける。

ヒロボー株式会社

スカイ事業部 スカイ事業企画係長

片山 康博さん (34歳)

日本大学理工学部航空宇宙工学科を卒業後、2005年にヒロボーに入社。
研究開発所での産業ヘリの開発、モールド事業部での営業などを経て、2016年1月にスカイ事業企画係長に着任。

挑戦できることがやりがいに

「空の分野に関わる仕事に就きたい」という夢を持ち、大学では航空宇宙工学科へ進学した片山康博さん。就職活動をする中で出合ったのが、ホビー用・産業用ヘリコプター、プラスチック製品を作る府中市のヒロボーだった。

「当時、開発中の送電線無人巡視ヘリコプター『SKYSURVEYOR』を見た時に、自分の思いと合致したんです。人の役に立ちたい、人を助ける仕事がしたいと考えていましたから」。ホビー用ヘリコプターでシェア世界一を誇ったヒロボーが、産業用ヘリコプターの開発へとシフトチェンジを始めた頃だった。

入社以来、産業用ヘリコプターの開発やプラスチック製品の営業など、さまざまな仕事を経験し、キャリアを重ねた片山さん。現在はスカイ事業部の企画係長として、産業用ヘリコプターの実用化に向け全国を飛び回る毎日だ。「誰も正解を知らない新規事業を企画する中で模索の連続ですが、大変だからこそやりがいがあります」。片山さんが夢を追い続けることができるのは会社の社風も大きい。「提案に対して、否定せずに挑戦させてくれる風土があるんです。夢が広がり楽しいですね」とキラキラした目で話す。

  • 「目指すのは、人の命を救う産業用ヘリコプターの開発です」と語る片山さん

休日の楽しみ方

恋しき

片山さんのお気に入りは、明治5年創業の料亭旅館を再生させた「恋しき」。「雰囲気も良いし、料理もおいしいので女性に喜ばれます」。

家族と過ごす幸せなひととき

共働きなので、休日は家族とゆっくり過ごせる貴重な時間。
何気ないひとときに幸せを感じるのだそう。

地元愛たっぷり!
広島県の良さを再認識

「府中市だから」「広島県だから」という理由で就職先を選んだわけではないのですが、今は生まれ故郷の広島県に戻ってきて良かったと思っています。

一度、県外に出たことで地元の良さが再認識できました。広島カープ、お好み焼き、地元企業…広島県人って故郷に強いアイデンティティーや誇りを持っている人が多いですよね。

府中市で10年間暮らし、結婚を機に隣町の福山市に引っ越して2年が経ちました。出身は広島市ですが、備後エリアへの愛着がどんどん沸いています。

片山さんの1日

[ 仕事 ]

  • 6:00
    起床
  • 6:15
    朝食、弁当作り
  • 7:30
    出勤
  • 8:00
    朝礼
  • 9:00
    開発会議
    開発担当・製造担当との会議は夢が広がる
  • 11:00
    事業部会議
  • 12:00
    昼食
  • 12:45
    プレゼン資料作成
  • 14:00
    新規取引先との打ち合わせ
  • 15:15
    デスクワーク
  • 17:00
    明日に向けての資料もバッチリ
  • 18:00
    退社
  • 18:30
    帰宅、夕食
  • 19:30
    TV、読書など、ゆっくり疲れを癒やす
  • 21:00
    就寝

[ 休日 ]

  • 7:00
    起床・朝食
    いつもより遅めの起床。妻と一緒に家事タイム
  • 10:00
    天気の良い日は家族でおでかけ
    近所の公園などでゆっくり過ごす
  • 12:00
    昼食
  • 15:00
    家族みんなでお買い物
  • 18:00
    娘とお風呂
    今しかない大切な時間!
  • 19:00
    夕食
    土曜は夫婦でまったりと晩酌タイム
  • 21:00
    就寝

他の人も見る

< 働くへ戻る