びんごライフ|備後圏域出身の学生に向けたU・Iターンサイト

Twitter FaceBook Instagram
《掲載年度 2019》
井原精機株式会社|笠岡工場 製造技術グループ 製造技術チーム
藤江 康剛さん ( 28歳 )
出雲市出身。島根大学を卒業後、井原精機にIターン就職。製造技術チームで製品の製造工程の設計・見積、製品の生産性や品質を左右する治具(ジグ)の設計、加工工具の選定、機械の動きを制御するプログラム作成など業務は多岐にわたる。
多くを学んで成長できる職場環境
岡山出身の友人について行った合同企業説明会で知った井原精機。
多品種・小ロット生産も行なっているという説明に「好奇心旺盛で、飽きっぽい自分の性格にも合うかも」と、
好印象を抱いた。
工場見学もして現場の空気感を肌で感じ、自分との相性の良さを実感。
びんごの暮らしやすさもあってIターンを決めた。
頑張りが認められた社長表彰
入社3年目に製造技術チームに配属。翌年には社長表彰されるほど、生産ラインに欠かせない存在となっている藤江さん。
製造過程で起こるさまざまな問題や課題を解決するのも藤江さんの日々の業務のひとつ。
その働きぶりに助けられた社員が、工場入り口に設置してある目安箱に投書して、社長表彰へとつながった。
「初めて自分の仕事が認められて、とてもうれしかった」と振り返る。

製品製造のためのすべての前準備を行うという、いまの幅広い業務をこなせるようになるまでには、多くの努力があった。
入社して半年後には、愛知県の取引先企業へ外部研修として1年半出向。
笠岡工場に導入されている設備の製造メーカーで必死に技術を習得。
戻ってからは先輩社員の仕事の真似から始め、ひとつひとつの業務のノウハウを蓄積していった。

「現場での改善提案は活発で、ベテラン・若手に関係なく自由に意見を言いやすいのがここの魅力。とても風通しの良い職場なんです」と仕事の充実ぶりがうかがえる。
いまの仕事の精度は保ったまま、より業務のスピードアップを図っていくことが目標という、ひたむきな姿勢が強く印象に
残った。
1年半の出向期間が今も大きな糧となっている。
まわりの社員も認めるほど、真摯に仕事と向き合う。
ももたろうリレーマラソンに参加
会社の同好会で「いばにんラン同好会」に所属しています。
お揃いのTシャツを着て、みんなで楽しく走っています。
休日の楽しみ方
県外からのIターンだからこそ分かる備後の良さ
曇りの日が多い出雲市からのIターンなので、笠岡のお天気の良さにびっくりしています。
梅雨以外で雨が降り続くことがなく、出雲では必須だった洗濯物の部屋干し対策から解放されました。
気候の良さもあって、毎日30分の徒歩通勤をしているほどです。
生活するには田舎過ぎず都会過ぎないところが、備後の魅力のひとつですね。
Iターンを考えるなら弊社の1day体験だけでなく、備後の風土や人にも触れ合って、良さを実感してもらえたらと思います。
藤江さんの1日
仕事
7:30
出社
7:50 
ラジオ体操
8:00  
業務開始
製造ラインの不具合部分の調整
製造技術部のミーティング
12:10 
お昼休憩
12:50 
業務再開
別の製造ラインの経過チェック
テスト品の評価
15:00
製品プログラムの作成
16:00
作成プログラムを現場の機械に設定
動きの調整をしながら製造製品をチェック
18:00 
退社
18:30  
帰宅、夕食
19:00  
テレビ鑑賞など
23:00 
就寝
休日
9:00
起床
11:00
テレビ鑑賞や部屋の掃除など
12:00
昼食
13:00
買い物
15:30
シティライトスタジアムへ移動
18:00
ファジアーノ岡山観戦 キックオフ
22:00
帰宅
23:00
就寝
藤江さんの働く会社紹介
井原市
井原精機株式会社
自動車・産業機械部品事業、ロボットシステム事業    
岡山県井原市上出部町431-3 
T866-62-0061
F0866-63-1301
企業サイトへ