仕事and休日の楽しみ方

持ち前のバイタリティーでがむしゃらに

生まれ育った井原は友人も多く、大好きという寺地さん。
「日本一の石材会社を目指す鳴本石材の一員として誇りを持ち、野球で培ってきた粘り強さを武器に頑張っていきます!」と胸を張る。

鳴本石材株式会社

営業部 笠岡営業所 主任

寺地 智紀さん (27歳)

高校野球で甲子園に出場経験をもつ。兵庫県の大学の総合文化学部を卒業後、地元で就職したいと合同説明会に参加。鳴本石材のブースを訪ねた際に会社見学の誘いを受けた。最終試験では先代社長と面接し、帰宅途中に電話で合格を伝えられた。入社後は半年間の研修を終え、営業部に配属された。

自分を好きになってもらう営業スタイルを

大学卒業後に新卒で入社。半年間、研修をみっちり受けてから営業部に配属された寺地さん。
最初は、墓の小物を車に積んで、商品を扱ってもらえる石材店の新規開拓に回った。なかには以前に取り引きがあり、その後途切れていた付き合いが復活したケースもあった。「とにかくお客様との距離を近づけようと仕事の話しだけではなく、趣味の話しや世間話しなどで相手の懐に入り込んでいきました。今では釣りやゴルフに一緒に行くこともあります。そうしたお付き合いのなかで、自分を息子のように可愛がってくださるお客様にも出会うことができました」と話す。

入社前は墓石に対して暗いイメージを持っていたという。営業活動を続けるうち、取り引き先の石材店からお客様の喜びの声を伝え聞き、やりがいを感じるようになった。墓参りに行ったときに小さな子どもが墓に手を合わせていたのを見て、墓石が先祖を大切にする心を育むのに役立っていることを実感。
それからは一層、仕事に力が入るようになった。これまでにも増して、スピード感のある軽快なフットワークで、ルート営業や新規開拓で結果を残していきたいと心に誓っている。

  • 営業会議に出席し、その月の営業活動の進捗状況などを報告。営業目標の達成に向けて戦略を練る寺地さん

休日の楽しみ方

休日も、身体を動かし体力づくりを

井笠・福山・尾道地域のゴルフ場でゴルフの腕を磨くと共に体力づくりを。

日頃の緊張感から解放され、趣味でリラックス

好きな釣りを楽しんだり、笠岡の軟式野球チームで野球を楽しんだり、高校球児の頃を思い出して仲間と野球に夢中になったりと体を動かしている。

仕事で力を100%発揮するには、健康な体力づくりから

井原市は、山やきれいな川など自然豊かでゆったりとした時間を過ごすことができる町です。

打ちっ放しのゴルフ場や陸上競技場のほか、隣の笠岡市には高校球児だった頃の思い出が詰まったどんぐり球場や釣りが楽しめる笠岡諸島など、アウトドアスポーツ&レジャーを満喫できるスポットもたくさんあります。私自身、夏になると笠岡でマリンスポーツを楽しんでいます。仕事を頑張るには、体力づくりや適度な休息も大切ですよね。

少し車を走らせれば、福山市や倉敷市などへも近く、とても便利な場所だと思います。都市の利便性と、自然に囲まれて穏やかに暮らせる環境に感謝しながら充実した日々を過ごせています。

寺地さんの1日

[ 仕事 ]

  • 6:45
    起床
  • 8:00
    出社
    メールチェック後、1日のスケジュールを確認。お客様との商談のための準備
  • 8:30
    朝礼
  • 9:00
    営業活動
    得意先へのあいさつまわりと、新規顧客への提案営業
  • 16:00
    帰社
    営業資料作成などの事務作業
  • 18:30
    退社
  • 20:00
    週2回はジムに通って体力づくり
  • 21:30
    帰宅して夕食、入浴
  • 23:30
    就寝

[ 休日 ]

  • 8:00
    起床
  • 9:00
    趣味の釣りやゴルフ、野球など、アウトドアで過ごすことが多い
  • 17:00
    帰宅
  • 18:30
    友人と近所の居酒屋で食事
  • 22:30
    帰宅
  • 23:30
    就寝

他の人も見る

< 働くへ戻る