看護職はこんな仕事です

看護職とは

保健師、助産師、看護師、准看護師を総称して看護職といいます。

保健師、助産師、看護師は国家試験、准看護師は都道府県知事試験に合格した後に、本人の申請によって各資格に登録され、免許が与えられます。なお、保健師・助産師になるには、看護師国家試験に合格している必要があります。

最近では、正職員でありながら、勤務時間を短縮して働くことができる「短時間正職員制度」 をはじめ、育児・介護休暇制度、病院内保育所 の設置など、仕事と生活を両立させる取組みも充実しています。

短時間正職員制度:正職員でありながら、ライフスタイルに合わせて勤務時間を短縮して働くことができる制度。パートタイムとは異なり、継続的に働くことで社会保険や退職金も保障され、教育研修も正職員と同等。(日本看護協会「やっぱり看護のシゴト」より)

病院内保育所:病院職員の子供を対象に、病院内または隣接した場所に設置された保育施設。

看護師

患者さんに寄り添い、より良い療養環境を築いていく仕事

看護師

病気やケガで医療機関に入院したり診療を受けたりしている人や、家庭や介護老人保健施設 等で療養している人に対して、療養上のお世話をする職業です。また、医師あるいは歯科医師の指示を受けて診療の補助も行います。患者さんの体と心をサポートし、より良い療養環境を作っていくことを目的とする仕事です。
臨床経験 を積むと、認定看護師や専門看護師などのスペシャリストや、広い視野で病院全体のマネジメントを行う看護管理者を目指すことができます。

介護老人保健施設:入居者が自宅に帰ることを目的に、看護師や作業療法士などが、看護やリハビリを行う施設。

臨床経験:医療機関での実務経験。

准看護師

医師、歯科医師または看護師の指示により、医療機関に入院している人に対して、療養上の世話や診療の補助を行う職業です。国家資格ではなく、都道府県知事の免許を受けます。進学して、あるいは准看護師の仕事をしながら定時制や通信制の学校や養成所に通うことにより、看護師の資格を得ることができます。

保健師

地域の方々の健康をトータルにサポートする仕事

看護師

赤ちゃんからお年寄りまで、担当地域で生活している方々の健康保持・増進に向けた支援を行う職業です。病気の方だけでなく、健康な方も対象になり、保健所、市町村、学校、企業の健康管理室などで、各種健診や生活習慣病などの予防、健康管理などを行います。また、家庭訪問による地域住民への保健指導なども担当します。
看護大学では、看護師の資格と同時に取得することができる課程があります。

助産師

出産に立ち会い、妊娠期から出産後のケアまで女性の健康をサポートする仕事

看護師

病院などの医療機関、助産所などで、分娩(ぶんべん) の介助をするほか、母子が健康に過ごせるよう、妊娠期のアドバイスや出産後のケアをトータルに行なっていく職業です。現在、日本では女性のみが取得できます。正常分娩であれば医師の指示を必要とせず、自身の判断で助産介助ができることも特徴です。
看護大学では、看護師の資格と同時に取得することができる課程があります。
独立して助産所を開設することもできます。

※分娩:胎児が母体から外に出てくること。その経過をいう。

看護職のステップアップ

看護学生

指定の学校や養成機関などで、医療や看護に関する専門分野を学習します。看護や医療に関する講義のほか、医療機関での実習もあり、看護師の資格取得に向け、同じ目標を持つ仲間と力を合わせて頑張ります。病院でアルバイトをしながら、専門学校に通って勉強する道もあります。

新人看護師

先輩の指導で知識や技術を学ぶことはもちろん、患者さんの思いをくみ取るコミュニケーション能力も身につけます。末長く活躍していくため、看護職としての自覚を育んでいく大切な時期です。

中堅看護師

経験を積んで実践能力が向上し、患者さんや職場の仲間からの信頼も高まってくる時期です。責任も増し、先輩として新人看護師の育成にも力を発揮していきます。

看護管理者

長年の経験で培った広い視野から、病院の組織全体をマネジメントしていきます。5年以上の実務経験などを持つ人を対象にした「認定看護管理者」という認定制度もあります。

認定看護師・専門看護師

看護師のスキルアップコースとしては、専門の分野で高度な看護を担当する「認定看護師」や「専門看護師」があります。いずれも日本看護協会の認定資格で、看護師として経験を積み、大学院や所定の教育機関で専門的に学ぶことが必要ですが、資格を取得すると、責任ある役職に昇進したり、より高度な仕事ができるようになります。